文字は心を映す鏡|ペン字で綺麗な字を書けるようになろう

就活のための表現力とは

履歴書

就職試験当日を迎える前に、事前に企業に志望理由書を提出することがよくあります。一見、企業の志望理由を書けばいいだけのように思われがちですが、実際は受験者の表現力が問われています。また、志望理由書は面接の際に参考にされるため、受験者の人間性を見る際の資料にもなっています。就活をサポートする通信教育では、志望理由書の添削が行われています。志望理由自体はシンプルでも、そこに至った経緯やきっかけを限られた紙面で表現するのが志望理由書です。添削では事実をいか上手く伝えられているかを評価してくれます。大企業での人事経験者など、プロの添削を受けられてその評価が就活に直結するため、志望理由書の通信教育が人気となっています。

就活の際に役立つ通信教育は、ノウハウをまとめた教材や映像授業と月に数回分の添削問題が課されます。実際の問題演習自体は回数が少ないため、練習を重ねるためには市販の対策本が欠かせません。市販の書籍で独学を進めながら、添削問題で達成度の評価を受けることが大切です。就活のために市販の対策本を使う場合、志望理由書の書き方や面接の作法を紹介した本をイメージする方が多くいます。通信教育を使う際、これらの内容は通信の教材と重複することが多いです。そこで役立つのが、大企業の社長など実際に経営に携わった経験のある著者の書籍です。彼らの著書には独自のノウハウや経営哲学が多く書かれているため、志望理由書や面接における引き出しを増やすことができます。加えて実際の練習問題や過去問を多く含んだ書籍で練習を積み重ねることが大切です。これらの著書で知識や情報量を増やし、練習を積んだうえで添削問題で実力を試す形が最適です。